興津宿~清見寺~

JR清見寺.jpg


ょうもお越しくださり有難うございます。


今回は、旧東海道・興津宿の名刹【清見寺】へ出かけました。

かつて、江戸から京へ向け、旅人の難所として知られる箱根や大井川の狭間にあって、蒲原、今宿(由比)から興津にかけては「薩唾(さった)峠」という難所もあります。

東名高速道路由比PAでこの峠が見られます。
国道1号線から撮影。高架橋は東名高速道路由比PA手前付近。
由比富士山.jpg



清見寺の正式名称は、臨済宗妙心寺派で清見興国禅寺。

徳川家康公が幼少の頃、こちらのお寺で様々な学問を学んだと言われています。


<竹千代像>
静岡駅北口に設置されています。
竹千代540.jpg


清見寺は、全国でも珍しくJR東海道線がその境内を走っています(上図)。

駐車場もあり、私は自動車で出かけましたが、興津駅から旧東海道の街並みを歩いてみても良いかなと思います。





<総門>
清見寺1.jpg



清見寺8.jpg清見寺5.jpg


彼岸花を見つけました。

五百羅漢像が静かに佇んでいます。
島崎藤村の小説「桜の実の熟する時」の最後の場面に登場します。

清見寺500羅漢.jpg

清見寺5百羅漢.jpg


清見寺10.jpg


<仏殿>
サルスベリの花が赤く染まってます。

清見寺仏殿.jpg


<鐘楼>
清見寺11.jpg



この後、清水の次郎長が眠るお寺として知られる【梅陰寺】。そして【次郎長の生家】へと回りましたが、今回はこの辺りで次の機会へ回させていただきます。



【予告編】  
昨年、他界したさくらももこさんの地元ー静岡市清水区では有名な「追分羊羹(おいわけようかん)」はお店が旧東海道沿いに構えていますので、併せてご案内する予定です。

新静岡ー新清水間を往復する静岡鉄道では、ちびまる子ちゃんのラッピング電車が今でも定期運行しています。



<富士山とちびまる子ちゃん電車>
ちびまる子ちゃんと富士山600.jpg


<タチアオイとちびまる子ちゃん電車>
タチアオイ620.jpg

<清見寺>




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック