JT杯日本シリーズ準々決勝

ょうもお越しくださり有難うございます。


今回の中国大会は、準決勝進出を賭けての渡辺明JT杯前年優勝者VS羽生善治九段という豪華な対戦を棋譜並べで振り返ります。

藤井七段が三浦九段に負けて消えたことに少し淋しい思いがしています。




開始日時 2019-09-14 15:19
棋戦 第40回日本シリーズJTプロ公式戦 中国大会
先手 羽生善治 九段
後手 渡辺 明 JT杯覇者
場所 広島・広島サンプラザホール
持ち時間 各10分 消費時間 50▲10△10
戦型 相掛かり


JT杯将棋日本シリーズトーナメント.jpg




▶46手目95歩
後手が端に狙いをつけてきました。これから始まるスピード感あふれる襲撃を棋譜並べでどおぞ。
46手目95歩.jpg



▶64手目39角打ち
後手の猛襲が続きます。
64手目39角打ち.jpg



▶82手目49銀打ち
先手苦しい状況に陥ったか・・・。
先手の玉の囲いが見事に崩されています。後手陣とは対照的な局面です。
82手目49銀打ち.jpg



今後の展開は次の棋譜並べで初手から終局までお楽しみください。



【棋譜並べ】
▲羽生善治 九段 vs. ▽渡辺 明 JT杯覇者


118手で渡辺明JT杯覇者が羽生九段を圧倒し、準決勝進出です。

次のお相手は、三浦九段と豊島二冠の勝者との対戦になります。



では、ごきげんよう(^_-)-☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック