脳トレ~5手詰~

ょうもお越しくださり有難うございます。



多くの方がお立ち寄りくださり感謝しています。

よかったら、ブログランキングにポチッと押していただけると大いに励みになります。

ついでに、こちらもお願いできたらと思います。

プラス ボタンこのフィードを受信登録する

繫げていただけたら私もお邪魔させていただきます。

よろしくお願いします。


さて、将棋の上達には詰将棋を解くこととどの先生も一様に教えてくださっていますので、今回、「持ち駒のない詰将棋」など、たくさんの書物を著述されているベテラン棋士高橋道雄九段作の【5手詰】からご一緒に脳トレしてみましょう。



【5手詰】
持ち駒:飛。
ヒント:ありません。

高橋5手詰め184.png


★正解は後述します。


※高橋九段著【5手詰将棋】からの引用ですが、私はひと目で解けるまで繰り返し挑戦しています。

というのは、指導将棋である女流棋士から「アマの頃、1冊の詰将棋の問題(200~300問)をひと目で解けるまでやっていました。上達方法の一つです。」との貴重なアドバイスをいただきました。

というわけで、一通りチャレンジしましたので、2回目の挑戦です

前回よりは、1問を解く時間が短縮した気がしています。

障害者支援センターの利用者さんと楽しく将棋を指すためにもきっと役立ちますね。


<高橋道雄著/5手詰将棋>
高橋5手ー詰将棋.jpg



5手詰将棋:テーマは「実戦! 」 (将棋パワーアップシリーズ)



【正解】
☗41飛
☖22玉
☗11飛成
☖13玉
☗21銀不成(下図)
までの5手詰め。

高橋5手詰め184-1.png

初回は、正直、手こずりました。

11飛成が好手ですね。そして21銀不成と続けるのが【3手の読み】で決め手になりました。

おいらはまだまだ頭が固いのですね。柔軟性が大切です。

この本では各問題ごとに、自身で評価する枠が3個あって、私はこの問題にをつけて再挑戦するつもりでいました。



次回の将棋ボランティアでもご紹介してみたいと思っています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック